pickup
パソコンのバックアップに便利!初心者さんにお勧め【外付けHDD】

こんにちは、ミントです。

先日、PCを新調しました。

あ、でも中身をリフレッシュさせた中古パソコンですが・・・(#^^#)

 

今のパソコンってすごい!!ですね~!

 

文明の進化についていけてないです。

 

まるで今40代のミントが、ピッチピチの10代に戻ったかのような錯覚♬

 

違いますね、中身だけ10代になった感じです(汗)

 

今回は、データーの移行やバックアップにも手軽に利用できる、外付けHDDのご紹介をしたいと思います。

バックアップの必要性

私が元々使用していたのが、windows7のノートパソコンでした。

 

スペックは、4GB、intel COREi3の2012年製の富士通のPC。

 

一度、使い出して2年目位に、突然立ち上がらなくなり保証期間内だったので修理に出しました。

 

当時はそこまでPCを使う頻度が高くなかったので、修理後もたまーに使用するだけで7年過ぎてました。

 

メールと音楽を取り込んだり、ネットショッピングする程度。

 

でも段々動きもモッサリしてきて、たまに読み込めない時があったり・・・

 

あ~これは、そろそろかもと思い出しました。

 

windows7のサポートも後少しで終了しますしね、これは買換え時かなと。

 

で、購入に至ったわけです。

 

ここで、データーを新しいパソコンに移行したり、大切なデーターのバックアップを取る事が増えました。

 

 

パソコンは、いつ何時エラーが出たり動かなくなるか?想像できません。

 

きちんとバックアップさえ取っていれば、復元するのも簡単です。

 

『備えあって憂いなし』ですね。

 

是非バックアップを取る習慣を付けるようにしたいですね。

バックアップ方法

バックアップ方法は、色々あります。

 

パソコンの中身を丸ごとバックアップを取るなら、windowsのメニューから簡単に出来ます。

 

システムを丸ごとコピーする事になるので、バックアップ機能を利用した方がベストですね。

windoesのバックアップなら
1、スタートボタンを右クリック。
コントロールパネル → システムとセキュリティ → バックアップ
その後、復元を選びます。
2、左側のウィンドウでシステムイメージの作成を選ぶ。
バックアップ先を選んでから、手順に従えばOK。
                                              *MACの方は、表記しておりませんのでご了承ください。
他にも大事な書類や写真など、新しいパソコンに移行したいデーターも取っておきましょう。
こちらの場合は、単純にエクスプローラー等でコピー&ペーストするだけで、大丈夫です。

バックアップ先(外付けHDD)

普通、バックアップしたファイルを保存するのが、

  • パソコン本体
  • DVDやメモリースティック
  • 外付けHDD
  • クラウドサービス

などが思いつきますよね。

 

でも、私は深く考えた事がありませんでした。

 

勝手にバックアップを取ってくれるサービスもあるし、指定通り進めていくと勝手に保存される・・・

 

全くの素人の行動です、反省。

 

でも何でもかんでもパソコンハードに保存しておくと、動きに支障が出てきて大変。

 

そしてパソコン自体が立ち上がらなくなったりすれば、そのデーターをすぐ利用できませんもんね。

 

ハードだけでなく、外部の保存先も確保した方がいいですよ。

 

私が用意したのは、外付けHDDのコンパクトタイプの物です。

 

BUFFALDのHD-PNF1.0U3-BPEって商品です。

 

色はたくさんあったのですが、PC周りの機器って黒っぽいのが多いので、少しカラフルな物にしてみました。

 

大きさも、(w)79.5x(d)115x(h)16mmとコンパクト。

 

重さも約170gです。

 

そして容量は・・・1TB(イチ テラバイト~:ドラえもん風に)

私のスマホ(ケースに入れた状態)と、ほぼ変わらない大きさでした。

 

1TBあれば、PCの容量と変わらない、もしくは全然多いと思うので、素人が使う分には十分です。

 

バッファロー(BUFFALO) HD-PCFS1.0U3-BBA(ブラック) USB3.1(Gen.1)対応 ポータブルハードディスク[1TB/Win・Mac対応] (HDPCFS1.0U3BBA)

価格:7,538円
(2019/6/9 09:58時点)
感想(3件)


同値段で据え置き型のタイプなら、もっと容量が多い物もあったのですが、

私はダイニングでノートPCと一緒に使う事が多いのと、家の中で持ち運べるのが良かったので決めました。

 

今までハードに保存していた、写真データーや溜まってPDFファイルなどを移しました!

 

パソコン内がスッキリして、重い動きのパソコンも少し負担が軽くなったと思います。

 

外付けHDD注意点

外付けHDD、とってもお手軽で便利なのですが・・・

 

1つだけ注意点を上げるとしたら、お手軽な上の難点。

 

軽くて持ち運べるのが利点ですが、落としやすい!!

 

精密機器ですので、落下によるデーター破損は否めない。

 

せっかく保存しているのに、機器自体が壊れてしまっては元も子もないです。

 

  • 保存先は複数に分ける
  • 外付けHDDの取り扱いに注意

 

当たり前ですが、用心には越した事はないと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

 

いざという時に慌てないために、バックアップやデーターの保存は日常的に考えていきましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今なら無料で使える素材集はこちら

ブログに使う素材に困ったら、チェックしてみてくださいね(☆)

 

 

Twitterでフォローしよう