pickup
記事が書けない!ブログのジャンル間違ってませんか?

ブログのネタがなくて、記事が書けないよー
何を書けばいいんだろう・・・
そんなお悩み、ありませんか?
絶対にブログを書き続けるには、ネタが出て来なかったり、思いつかない事ってありますよね(^_^;)
今回は、そんな記事ネタを選ぶ時のコツを書いてみたいと思います。

ネタが思いつかず記事が書けない理由

アドセンスブログを運営している方に多いと思いますが・・・
色んなノウハウが世の中には溢れていて、
  • 「この〇〇のネタで記事を書いた方がいいですよ」
  • 「あの〇〇を使って、アクセスアップを狙いましょう」
なんて目にする機会も多いと思います。
実際に私も最初は、色んな情報に翻弄され迷走する事が多かったです。
特化ブログを運営されている方なら『テーマ』が一貫してあると思うので、
まだ道を外れた記事を書くことはないと思うんです。
でも・・・
いわゆる雑記ブログ(ごちゃまぜブログ)を運営されている方だと、
何でも書けるので、ある意味ネタの宝庫であり沼状態なんですよね。
これはですね、選べるネタもジャンルも沢山あるけど、ありすぎて選べないということ。
あなたにも経験ありませんか?
「アイスを食べたい!」と思って入ったお店で、チョコ・バニラ・ストロベリーの3種類しかなかったら?
3種類しかないけど、そこから選びませんか?
あれ?大好きなラムレーズンのアイスがないから買うの止める、とはならないですよね?
私なら、バニラにしておくか^^ってなります。
逆に100種類以上の種類があるアイス屋さんなら、選ぶのにとっても時間かかりますよね?
最終的に何か選ぶでしょうが、目移りし過ぎてしまいそう(^_^;)
記事を書く時の感じも似てると思います。
たくさんありすぎると、人は選びにくいんです。
あなたのネタが思いつかない理由は、【広い範囲で考えすぎている】からかも。
記事ネタのジャンルは、ある程度絞った方がいいです。
もっと大きく言うと、ブログの全体のジャンルをざっくり決めておくこと。
雑記ブログで構いませんので、その中でも
☆20代女子が気になるおしゃれ関係
☆子育て世代の育児関係
☆サラリーマンの日常に伴うあれこれ
☆中年女性の健康ネタ   など。
大体をざっくり決めておかないと、記事を書く方もネタ探しに翻弄しますし、
読んでくれる読者さんも一定の属性の人が集まりにくい。
SNSでも、だいたい『ユーザー名@属性』で設定している方が多いです。
ちなみに私のSNSはこちら⇓
例えばダイエットしている人なら、属性部分は「何か月で10キロ痩せたダイエッター」とか。
転職を考えている人だったら「転職で目指せ〇万円月収アップ」とか。
そのアイコンなり、属性を見てフォローしようか決めるのと同じで、
ブログのジャンルも広すぎると、読者さんが定着しません。

ポイント

ブログのジャンル、カテゴリーは絞っておこう!

ジャンルの選び方のコツ

ブログのジャンルを絞るのは分かったけど、何を選べばいいの?
そうですよね~悩むと思います^^
まずは、自分が書けるジャンルを選ばない事にはどうにもなりません。
ブログ自体は、記事を書いていってナンボの世界。
書けない事には話になりませんね(^_^;)
そういう時は、
  • あなたの体験したこと
  • あなたの興味あること
  • あなたが失敗したこと

など実体験を添えて書けるジャンルをおススメします。

なぜなら・・・『ネタ切れ』することがないからです。

これ、一番大事な事だと思います。

 

世の中には稼げるジャンルと呼ばれる物が存在します。

挑戦して、ガンガン記事を書いて収益をあげたい!と思う気持ちは分かります。

でーもー?そういうジャンルは強力なベテランが沢山います。

いくらキーワード選定を頑張って良い記事を書いても、
なかなか上位に位置するには時間がかかります。

あえてプロの集団にケンカを売りにいかず、自分の戦える場所で勝負する事をおすすめします。

 

あなたの体験談を駆使していくと(例:20代OLの服装ブログ)

  1. 春の通勤着の服装
  2. 仕事帰りにお花見に行く時の服装
  3. デートで着る服装
  4. 肌寒い日の防寒のおススメ
  5. 疲れた日の楽に過ごせる服装

 

こんな感じで、色々と記事を関連付けたり広げていけます。

季節ごとの記事にすると、さらに4倍まで書けます。

ちょっとイメージつきましたかね?

何かジャンルを決めてしまえば、そこからカテゴリーも広げていけます。

服装だけでなく、メイク、カフェ、キャリアアップなど、
20代の女子が気になりそうな事を記事にすればいいんです^^

 

40代のミントが、上記のジャンルは書けません。

服装なんてほぼ年中同代わり映えせず、カフェなんてわざわざ行きません。

キャリアアップも望んでいませんし(^_^;)

ということは、私にはこのジャンルは向いてない事になりますね。

カテゴリーを増やす手順

ブログジャンルが決まったとして、カテゴリーのお話です。

カテゴリーごとに記事が入っていると、検索する方もお目当ての記事をみつけやすい。

あなたは最初にたどり着いたブログの、どこを見ますか?

私はまずお目当ての記事を読んだ後、TOPページに戻ります。

そのブログがどんなジャンルで、どんなカテゴリー分けしてあるのか気になるから^^

興味ある記事やカテゴリーは、他にも読んでみたい記事がある時は読むし、

パッと見て興味がなさそうなカテゴリーしかないと、ページを閉じます。

サイトマップで確認する事もあります。
(サイトマップのないブログは個人的に苦手です;)

読者さんってそんなもんです。

1つの記事でさえ、最後まで読んでもらえたら大万歳 (^^)/

途中で離脱されている可能性は、か・な・り・高いです。

 

まずは3つくらいのカテゴリーを作り、そこに記事をそれぞれ増やして
行くことをおススメします。

 

まずは書いて記事を増やす

アクセスが多いあなたの記事カテゴリーを見つける

そのカテゴリーを更に充実させる

この流れで書いていくと、ブログのパワーが付きやすくなります。

たくさんのカテゴリーに分けて、記事が少しづつしかないと
ブログパワーがなかなか強くならないので注意です!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ブログの記事が書けない時は、全体のジャンルを見つめなおしてみよう!という内容でした。

あなたが体験したジャンルや興味あるジャンルなら、スラスラと記事も書けるハズ。

体験談も実際に入れていくと、読者さんの知りたい記事が出来上がります。

本当に知りたいのは、上辺のありきたりな情報ではなく、
失敗したり上手く行かなかったあなたの経験話です。

そこから成功体験や、克服した経緯などを含めていくと、
内部リンクで繋げる事もできますし、パワーアップが見込めますね♪

是非ブログの構築に役立ててみてください。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

今なら無料で使える素材集はこちら

ブログに使う素材に困ったら、チェックしてみてくださいね(☆)

 

 

ミントへのお問合せや、ご質問はこちらまで

どんな些細な事でも構いません。

ちょっとした世間話や、主婦目線のグチでも大歓迎。

ミントにメールしてもらえたら、嬉しいです。

ヤギさんの画像を、クリックしてね♪

Twitterでフォローしよう