pickup
Google AnalyticsでページタイトルとURLを一緒に表示させる方法

みなさん、Google Analyticsを使いこなせていますか?

 

自分が投稿した記事をリライトする際に役立つ!という事は
分かっているんですが、実際にどこをどう見ればいいのか分からない・・・

 

そんな人はいませんかー?

 

ハイ、私です(でした)

Analyticsの画面では、ページ毎のアクセス数を確認できます。

 

でもデフォルトだと、ページはURLで表示されています。

 

記事のタイトルをパーマリンク設定でどうやっているかにもよりますが、
URLでは判断しづらい場合があります。

 

今回、少しの設定で分かりやすくなる方法を学んだので、
共有していきたいと思います。

Google Analyticsの画面の現在の表示

Google Analyticsを表示させてみましょう。

 

初期画面の左のメニューの中にある① 行動② サイトコンテンツをクリックします。
(すべてのページを選択でOK)

 

そうすると、下記のようなページが表示されます。

ページと書かれている所が、記事のURLになります。

 

私の記事は、URLに記事内容が分かる様にアルファベット入力してあるのですが、
POST番号表記だけの設定だと「どの記事なのか?」が分からないですよね。

 

そういう時に、URLの横に実際の記事タイトルを並べて表示させるように
出来たら、便利だと思いませんか?

 

私もそうですが、簡単な設定で表示できるようになるので、
知らなかった方は設定しちゃいましょう。

 

ページタイトルを表示させるには?

Analytics(アナリティクス)の初期画面です。

ちょうど真ん中あたりに、プライマリディメンションのメニューがあります!

 

セカンダリディメンション → 行動 をクリックします。
(拡大したのが、下の画像)

 

② 行動をクリックすると、メニューが出てくるので、ページタイトルをクリックします。

 

そうすると・・・

じゃーーん、ページタイトルが隣に表示されました。
(実際のタイトルは非表示にしてありますが了承ください)

 

これで、実際の自分のどの記事が、アクセスが多いのか?
タイトルで一目で分かるようになりました。

 

記事が増えてくると、イチイチ確認するのが大変ですが、
これだと便利に使えますね~

 

右端のメニューで、グラフの種類を変更する事もできます。

  • データ
  • グラフ
  • 円グラフ
  • 棒フラフ
  • ピボット

 

色々と変更できますので、お好みで変えてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

使いこなせている方には当たり前のGoogle Analyticsの表示の設定でした。

 

もし私のようにご存じなかったなら、一度確認してみて下さいね。

 

Analyticsを使いこなせると、どの記事にアクセスが集まっているか一目で分かります。

 

リライトする時や、新しく関連記事を増やす参考になるので、
是非ご活用くださいね。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

今なら無料で使える素材集はこちら

ブログに使う素材に困ったら、チェックしてみてくださいね(☆)

 

 

ミントへのお問合せや、ご質問はこちらまで

どんな些細な事でも構いません。

ちょっとした世間話や、主婦目線のグチでも大歓迎。

ミントにメールしてもらえたら、嬉しいです。

ヤギさんの画像を、クリックしてね♪

Twitterでフォローしよう