pickup

今回は、『Google XML Sitemaps』プラグインの説明をしていきます。

Google XML Sitemaps

このプラグインを使用する事で、自動的にサイトマップを作成し、
Googleクローラーに正しくサイトを認識してもらうのに役立ちます。

 

サイトマップの設定をしていない方は、そちらも設定しておきましょう。

設定方法は、こちら

 

現在のGoogleの指針として、ブログにサイトマップが設定されていないと、
記事を公開しても検索結果に表示されにくいと言われてます。

 

せっかく良い記事を書いても、検索結果に表示されなければ見つけてもらう事すらできません。

 

そこで、最初に『Google XML Sitemaps』を設定して、Googleサーチコンソールに送信してしまえば、

あとは自動で勝手にやってくれる訳です。

 

結果、SEO対策も期待できるサイトにつながっていくことも可能になります。

 

ぜひ設定しておきましょう。

Google XML Sitemapsのダウンロード

 

1.WordPressの管理画面 → プラグイン → 新規追加をクリック

2.キーワード検索『Google XML Sitemaps』と入力 → 今すぐインストール をクリック

3.インストール中…から有効化に変わったら、有効化 をクリック

これでダウンロードは完了です。

Google XML Sitemaps 詳細設定

ダッシュボード → 設定 → XML-Sitemap をクリック

設定できる項目は、次の8点です。

基本的な設定

Additional pages(追加ページ)

投稿の優先順位

Sitemap コンテンツ

Excluded Items(除外項目)

Change Frequencies(頻度の変更)

優先順位の設定(priority)

基本的な設定

上から順に、チェックを入れていきます。

高度な設定は、デフォルトのままで構いません。

Additional Pages

こちらの設定は、何も触らずデフォルトのままにしています。

手動でサイトマップを追加したい人は、設定が必要になります。

投稿の優先順位

投稿の優先順位は、一番上の『優先順位を自動的に計算しない』だけチェックを入れます。

Sitemap コンテンツを設定する

ここは、下記の4点にチェックをつけます。

チェックを入れていないページは、SEO対策で使用していないので、外しています。

Excluded Items(除外項目)を設定する

この項目でチェックを入れたカテゴリーは、サイトマップから除外する事ができます。

もしカテゴリーの中に、検索キーワードを意識していないページがあるなら、
チェックを入れておきましょう。

Change Frequencies(頻度の変更)

私は、以下のように設定しています。

タグページの設定をしておかないと、カテゴリー別の設定が反映されない事がありました。

タグページの設定は、推奨されている方も多いので、設定しておきます。

優先順位の設定(priority)

ここでは、優先順位の設定をしていきます。

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)
  • 投稿優先度の最小値
  • カテゴリー別
  • タグページ

上記の5項目の優先順位を、1.0に設定します。

それ以外の項目は、優先順位を下げるために、0.0に設定します。

こちらでも、タグの設定を忘れずに。

最後に設定を更新をクリックして、完了。

これで、XML-Sitemapの設定は終了です。

お疲れ様でした~。

今なら無料で使える素材集はこちら

ブログに使う素材に困ったら、チェックしてみてくださいね(☆)

 

 

ミントへのお問合せや、ご質問はこちらまで

どんな些細な事でも構いません。

ちょっとした世間話や、主婦目線のグチでも大歓迎。

ミントにメールしてもらえたら、嬉しいです。

ヤギさんの画像を、クリックしてね♪

Twitterでフォローしよう