pickup
40代主婦パートを辞めたい!職場の煩わしさから解放され楽しく稼げる方法。

 

40代主婦のミントです。

 

パートで働く主婦が、世の中を支えている!

 

と言っても過言ではないと思っています(ひっそり心の中で)

 

もちろん主要な部分は、正社員である方々のお力で成り立っていますが、

 

どんな企業でもパートやアルバイト勤務の方の働きは、大切な尽力ではないでしょうか。

 

そんなパートで働く40代主婦のあなた、仕事を辞めたいと思ったことありませんか?

 

職場からの理不尽な指示、人間関係のストレス、家事や育児との両立・・・

 

そんなあなたに、パート以外の働き方がある事をお伝えします。

40代主婦がパートを辞めたいと思ったら

私もそうですが、周りの40代主婦は高い確率でパートで働いています。

 

つい最近まで働いていたパート先では、人間関係で悩まされた事はありませんでした。

 

同じような属性の主婦が、多かったからかも知れません。

 

ですが、それ以前に短期間だけ働いてたパート先は人間関係がひどかった!

 

定年近いパートさんが多い職場だったのもあり、
同世代の先輩方がいがみ合ってるのです。

 

何の関係もない人にまで、とばっちりを受ける始末で険悪な雰囲気でした。

 

短期だったのもあり、とっとと退職出来たのが救いでしたが。

 

  • 職場での人間関係に悩まされている
  • 上司からの理不尽な指摘がストレス・・・

 

なんて声も、周りからはよく耳にします。

 

人間関係だけでなく、職場の環境や雰囲気って、とっても大事。

 

友達のAさんは、大手スーパーでレジのパートをしています。

 

最初は決まったシフト・曜日で、働いていました。

 

職場の大幅改革が行われ、上司である社員が変わったそうです。

 

大手のスーパーは、パートさんなくして店舗は成り立ちません。

 

パートさんの中には長年勤めていて、社員より店に詳しく
的確な指示を出してくれる先輩もいたそうです。

 

新しく変わった社員というのが、変わった人だったようで。

 

うわべだけで指示するものだから、実際に働く店舗のパートさんからは不平不満が出る。

 

「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」

 

という有名なドラマのセリフがありましたが、まさにその通り。

 

店舗の混乱から、ベテランのパートさんが数名退職されたそうです。

 

Aさんは普通のレジ係だったのですが、退職者が重なり『パートリーダー』
抜けた跡を継ぐ事になってしまいました。

 

Aさんは仕事もテキパキとこなし、いつも笑顔でお客さんと接していました。

 

『出来る人』だったから、パートリーダーに抜擢されたのでしょう。

 

実際にAさんを待ち受けていたのは、必要以上の過剰業務と責任過多。

 

リーダー手当がつくわけでもない。

 

前よりも仕事の振替が出来なくなった。

 

社員と他のパートさんの間で、板挟み状態。

 

Aさんの対応はお客さんからも支持されているので、
Aさんのレジの列に並ぶ客が途絶えない。

 

私も普段利用するスーパーでは、お気に入りのレジの方の列に並びます。

 

他の列が空いていても、対応が好みでない方のレジには、
あえて並びません^^;

 

どう思いますか?

 

Aさんがもらした愚痴をきいて、絶句してしまいました。

 

時給以上に働かされている・・・

 

本来、パートにしろアルバイトにしろ『時給制』です。

 

自分の『時間』を切り売りして働いているのです。

 

Aさんの例だと、時給以上の働きをしています。

 

しかも体調に支障をきたす直前でした。

 

「退職か転職すればいい。」私なら思います。

 

自分に無理して、そこで働く意味があるのでしょうか?

 

「辞めたら、残った人に迷惑がかかるから・・・」と思ってませんか?

 

かの有名なホリエモンさんの著書にも、書いてありました。
あなたが会社を辞めても、大変なことなど何も起こらない」と。

 

あなたが迷惑をかけられるのは、耐えられるのですか?

 

あなたの代わりは職場にはいても、
家族にとってあなたの代わりはいません。

 

パートを何らかの理由で辞めたいと思ったら、別の仕事(稼ぎ方)を見つけるだけです。

職場の煩わしさから解放されるには

そうは言っても「嫌だから辞める」なんて軽率な行動に移せないのも分かります。

 

常識ある大人ですし、なんでも『気に入らないから』では済ませませんね。

 

職場の煩わしさ、なんてどこでも存在する?

 

ブラックパートなんて、本当に沢山ありますし。

 

許容範囲なのであれば、もちろん気にしなくても良いレベル。

 

大事なのは、あなたが何を優先したいか?です。

・多少の人間関係や職場の雰囲気はガマン出来ても、時給の高さを優先したいのか?

・時給は安くも、自分が働きやすい環境なのか?

・時給や環境ではなく自分がやりたい職種(仕事)優先なのか?

日々の生活におけるパートの割合は、少ない方かもしれません。
類は友を呼ぶ、とは昔からよく言われることわざです。
どこの環境に身を置いていても、これって不動な言葉だなって感じています。
学校でも職場でも、どれだけ多くの人が集まっていても、
変動しながら最後は一番自分が落ち着く環境(メンバー)で固まってきます。
愚痴や人の悪口ばかりの職場でウンザリ・・・って言ってる人。
結局そこに落ち着いているという事は、同類だということ。
グチしか言わない人に、未来はないです。
私は長くパートしていた会社を退職した後も、定期的に会う機会がありました。
個人的に仲の良い人はいいですが、そこまで仲良くもない関係の人と、
関係を続ける事の違和感が段々大きくなってきました。
会っても、出てくるのは上司の悪口、先輩パートの不満、家庭のグチ・・・
聴いていると、マイナス思考の嫌な波に飲まれる感じ。
思い切って参加するのを辞めたら、なんてスッキリした事でしょう。
自分と価値観が合わない人と無理に付き合わなくて済むこと。
断捨離と似ているかも知れませんね。
不要な物を断ち切る事で、新しい空気が流れてくる。
部屋も物も人間関係も、全て同じ次元の話なのかもって感じています。
自分の快適空間は、自分が作り出すしかない。

40代主婦、パートより楽しく稼ぐ方法

色々と考えてパートを退職した私ですが、結果は正解だったと思います。

 

時間が増えたお陰で、色んなことを考える時間も増えました。

 

ただ何となくパートに出て、何となく生活を送っていましたが、
今後の事もゆっくり考える事ができました。

 

主婦であるため、家族を優先にしてきました。

 

もちろん子供達が成人するまでは、スタンスは変わらないと思います。

 

自分の第二の人生について考えた事がなかったけど、今なら「こんな生活を送りたい」
という目標が見つかりました。

 

とんでもない贅沢は望んでいません。

 

困らない程度の経済力と安心感が欲しいだけ。

 

ご主人の稼ぎで生活出来ている方も、そうでない方も、今の世間を見ていると
予想出来ない事態が訪れるかも知れないな~って感じています。

 

若い頃は「定年まで同じ会社で働けば安心!」なんて考えだったけど、
今じゃ老後の年金すら当てにできませんしね。

 

ネット社会が発達し、選択の仕方で良くも悪くも変えられるツールと化しました。

 

パソコンが一家に一台もなかった時代を生きてきた私は、この変化が恐ろしくもあります。

 

若い人は吸収が早くて、次々と身に付けていくスキルも、覚えるのも一苦労な私世代には
「できない」で押し通せない時代がすぐそこまで来ていると感じます。

 

友達や職場の同僚の中には「絶対、私には無理。」と言ってる人もいます。

 

なんか勿体ないな~って思います。

 

今じゃパソコンを使う事なんて特別な事でもないし、
その延長上にパート代と同じ位稼げる方法はいくらでもあるのにね^^

 

どなたかの言葉で「成功する人は時間を探し、挫折する人は出来ない理由を探す。」

と書かれていました。

 

人に唯一共通な物って『時間』だけです。

 

誰にとっても1日24時間。

 

私の場合は、アフィリエイトという働き方を知り取り組んでいます。

 

一日にスマホだけで〇万円!なんて簡単な内容ではないので、
私も日々悩んだりしながら奮闘しています。

 

パートしてる人なら、最初は軌道に乗るまで同時進行がいいのではないかと思います。

 

月にいくらかでも確実に収入があった方が、安心ですしね。

 

「来月からガンガン稼ぐから、パート辞めてやるでー。」と先走るのだけは、
止めといた方がいいです(経験者の意見)

 

もし「アフィリエイトって何だろう?」って思う方がいれば、
お気軽にメールくださいね^^

 

ツイッターからでも構いませんよ。

 

ひっそり・こっそりツイッター始めています。

 

お問合せ頂ければ、飛び上がって喜びます♪

まとめ

今回は40代の主婦がパートを辞めたいと思った時に、読んで欲しい事を書きました。

 

数か月前の私も、同じ事を感じていたので共感できます。

 

いざ辞めてしまったら焦るかな?と思っていたけど、全然でした(^_^;)

 

私の場合は、家にいるのが大好きだし、主婦業も嫌いではないので、

こんな好環境は他にはありません。

 

たまには、こんな記事もどなたかのお役に立てるのではないか?と、
思い切って書いてっみました。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

今なら無料で使える素材集はこちら

ブログに使う素材に困ったら、チェックしてみてくださいね(☆)

 

 

Twitterでフォローしよう