pickup
ping送信、オススメの送信先と設定方法

こんにちは、ミントです。

記事を更新すると、最初は全く読んでくれる人もおらずテンションが下がりますよね~

誰もが通る道とはいえ、出来るだけ早く読んでくれる人が増える事を望んでいるはず。

そこで、今回はPing送信(ぴんぐそうしん)についてご説明していきます。

Ping送信って?

小難しい説明は、私も出来ないので省きます(^_^;)

要するに、記事を書いた後に「私の記事、書けました~読んでね。」と、

記事を集めているサーバーに自らお知らせする事です。

新規の記事だけでなく、更新した際にも通知するようになってます。

このメリットとして、送信するサーバーには多くの記事が集まってくるので、

Googleのクロールも回って来やすいってことです。

何でもそうですよね~、人を集めたいなら人が多い場所へ行ってアナウンスするのと同じ。

クローラーも、記事があつまるサーバーには「様子を見に行っておこう」となります。

設定方法

設定は、あらかじめWordPressでやっておく必要があります。

ダッシュボードの設定 → 投稿設定をクリックします。

 

更新情報サービスの欄に、送信先を入力するだけです。

下記の枠内に、オススメの送信先を表記しておきます。

少ないと思われるかもしれませんが、送信先は定期的にチェックしないと、

今はもう使われていないURLだったり、あっても会員登録が必要な所があります。

中には2017年以降サービスを終了している所もあるので、

意味のない送信先なら最初から省いてしまってます。

下のリストは、確実なものだけ並べました。

http://rpc.pingomatic.com/
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://api.my.yahoo.com/RPC2
http://ping.blo.gs/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://xping.pubsub.com/ping/
http://ping.ask.jp/xmlrpc.m

別で送信するPingがありましたら、ご自身の判断でお願いします。

これでWordPress側の設定は、終わりです♪

便利なプラグイン『WordPress Ping Optimizer』

上記でも説明しましたが、新規で記事を書いた時だけでなく、

更新・修正した際にも送信されてしまうPing。

設定さえしておけば、勝手に送信してくれるので便利なんですが、

何度も無駄に送信してしまうと、スパムだと判断され、よろしくないようです。

 

そんな時に便利なのが、WordPress Ping Optimizer』というプラグインです。

このプラグインを入れておくだけで、制御してくれるので助かりますね。

ダッシュボードのプラグイン → 新規をクリック。

 

検索窓にWordPress Ping Optimizerと入力すると、プラグインが出てきます。

 

今すぐインストールをクリックし、有効化します。

ダッシュボードの設定 → WordPress Ping Optimizerの詳細設定に入ります。

先ほど投稿設定でコピペした送信先が、枠内に表示されていればOKです。

設定する箇所は、Enable pingingの四角にチェックを入れます。

Save Settingをクリックして完了です。

エラー表示

設定画面の下に、Ping Log があります。

日付の所が、送信した履歴です。

今は緑色で表示されていますが、赤字で表示されている場合はエラーです。

送信先が存在しない等、理由は色々ですが、

何回もエラーが出ている場合は、送信先を消しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

WordPressで簡単に設定できるので、ぜひ最初に設定したいものです。

どなたかのお役に立てれば、幸いです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

今なら無料で使える素材集はこちら

ブログに使う素材に困ったら、チェックしてみてくださいね(☆)

 

 

Twitterでフォローしよう