pickup
プラグイン『Table of Contents Plus』で目次を自動設置する方法

今回はプラグインの『Table of Contents Plus』を使って、目次を自動設置していきます。

目次が自動で作られるので、大変便利で見やすくなります。

ただし、目次は見出しを元に生成されるので、記事に見出しを使用することをお勧めします。

こんな感じです↓↓↓

 

Table of Contents plusで目次自動設置する方法

 

プラグインのインストール方法

1.管理画面 → プラグイン → 新規追加 をクリック

2.キーワード検索窓に、Table of Contents Plusと入力

3.Table of Contents Plusの、今すぐインストールをクリック

4.インストールされたら、有効化する。

Table of Contents Plusの基本設定

次に設定です。

1.管理画面 → 設定 → TOC+ をクリック

2.基本設定で変更するところ

基本設定

位置 → 目次を表示させる位置
表示条件 → にしています
以下のコンテンツタイプを自動挿入 → postpage にチェック
見出しテキスト → お好きなタイトルを入力
階層表示 → レベルの異なる見出し等を使っている場合、小さな見出しが階層表示される。
番号振り → 見出しの数に番号がふられる
スムーススクロール → デフォルト
横幅 → デフォルト
回り込み → デフォルト

次にデザイン設定です。

文字の大きさ・プレゼンテーションは、お好みのスタイルで。

上級者向け設定をしない場合は、ここで設定を更新をクリックして完了。

上級者向け設定

さらに上級者向けの設定です。

初心者の方は、設定しなくても問題ありません。

見出しレベル → 表示させたくない見出しがある場合は、チェックを外せばOK。

設定が終わりましたら、設定を更新をクリックして終了です。

最後に

このプラグインは、サイトマップも適用可です。

ですが、『PS Auto Sitemap』というプラグインがおすすめです。

詳しくは、こちら

※『Table of Contents Plus』のサイトマップ機能を利用しない場合は、
この画面の設定を変更する必要はありません。

今なら無料で使える素材集はこちら

ブログに使う素材に困ったら、チェックしてみてくださいね(☆)

 

 

Twitterでフォローしよう