pickup
Twitterの投稿を記事に埋め込む方法

ミント
みなさん、ブログ記事の中にTwitterの投稿が埋め込まれているのを見たことありますか?
最近、多いですよね~
Twitterの投稿は、旬な今の情報が多く出ているので参考になります。
例えばですが、あなたがトレンドブログを運営しているとしたら。
記事のネタであるトレンドを探したり、気になる事を探すのに
TwitterはじめSNSを利用する事と思います。
SNSの中でもTwitter利用者は、断トツ1位なのもあり、新しい情報が飛び交っています。
そんなTwitterの投稿を、自分のブログに貼り付ける方法を共有していきます。
他人のツイートを自分のブログに載せていいの?って思いました?
はい、いいんですよ~(^^)/
ただ例外もあるので、ご注意くださいね。
不安なツイートに関しては、DMを通してでも確認される事をおススメします。
ブログに載せてはいけないツイート
テレビの画面、放映を撮影した動画、無断転載を禁じると表記されているツイート

ユーザーが本サービスを介して送信、投稿、送信またはそれ以外で閲覧可能としたコンテンツに関して、Twitter、またはその他の企業、組織もしくは個人は、ユーザーに報酬を支払うことなく(ユーザーは、ユーザーによる本サービスの利用がコンテンツ及びコンテンツに関する権利の許諾に対する十分な対価であることに同意するものとします。)、当該コンテンツを上記のように追加的に使用します。

基本、Twitterは個人が発信する媒体ではありますが、その発信内容を第三者(企業・組織・個人)が追加的に使用できると書かれています。
*Twitterの規約も日々変わっていきますので、今後どういう扱いになるかは分かりません。

ツイッターの投稿を埋め込む方法

まずツイッターの画面を開きます。

この時、自分がツイッターのアカウントを持っていなくても大丈夫です。

記事に埋め込む時は、パソコンからツイッターを開きましょう。

Twitterのアカウントをお持ちであれば、ログインの方をクリック。

 

アカウントを持ってない場合は、上の画面のTwitter Japanの方でも大丈夫ですよ。

 

 

Twitterのトップ画面が開きます。

 

キーワードを検索バーで調べてみましょう。

検索窓に『#クリスマスプレゼント』と入力してみます。

 

そうすると『#クリスマスプレゼント』とハッシュダグを付けたツイートが表示されます。

 

  • 話題のツイート
  • 最新
  • アカウント
  • 画像
  • 動画

など属性を分けて、調べる事ができます。

こんな感じで、自分がブログに載せたい(埋め込みたい)ツイートを探してみて下さいね。

今回は、下記のツイートを埋め込んでみます。

 

右上のⅤのような部分をクリックします。

『ツイートを埋め込む』というのをクリックします。

 

コードをコピーという、埋め込むコードが表示されるのでクリックします。
(右の青い部分ではなく、左側のコード部分をクリックしないとエラーになる時があります)

この画面が出たら、成功です。

 

では、自分のブログ画面のテキスト表示に変えます。

挿入したい場所に、コピーしたコードを貼り付ける。

文字列が多いので、もれなく貼り付けてくださいね~

 

きちんと貼り付けられましたね~♪

簡単にできたのが、お分かりでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Twitterのツイートをブログ記事に埋め込む方法でした。

ツイッターの情報は、使える内容が多いのです。

例えばトレンドな商品の記事を書いた時など、ツイッター上で実際に使ってみたり、
口コミをツイートしている人の投稿を埋め込む事で、記事のコンテンツが増えますよね。

自分の感想だけでなく、ツイッター記事も上手く使えるので

試してみて下さいね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

今なら無料で使える素材集はこちら

ブログに使う素材に困ったら、チェックしてみてくださいね(☆)

 

 

Twitterでフォローしよう