pickup
【WordPress】便利!リンク切れを通知してくれるプラグイン『Broken Link Checker』

こんばんは、ミントです。

WordPressを使うにあたり、入れた方がいいプラグインの説明をしています。

 

今回は、サイト内のリンク切れをお知らせしてくれるプラグイン『Broken Link Checker』

の説明をしていきたいと思います。

 

リンク切れになると、なぜ困るの?

リンクが切れるとなぜ困るのか?ってお話なんですが。

 

アフィリエイトしているサイト内で、紹介したい商品のURLが変更になった時、

またはURL自体がなくなってしまった時など・・・

 

せっかくリンクで飛ばしている先のページがない!となると、読者さんはどう思うでしょうか?

 

残念な気持ちになるか、『このサイト信用ならない』って思うでしょうね。

 

紹介する側としても、悲しいです。

 

更に、SEO的にも存在しないページをリンクしている事は、良い評価に繋がらないので、

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

Broken Link Checkerのインストール

 

ダッシュボード → プラグイン → 新規追加をクリックします。

 

画面が変わったら、①検索バーにBroken Link Checkerと入力します。

 

今すぐインストールをクリック。

有効化をクリックします。

これで、インストールは完了です。

簡単に出来ました~

Broken Link Checkerの設定方法

次は、設定をしていきます。

 

ダッシュボードの設定 → リンクチェッカーをクリック。

 

通知メールアドレスだけ、設定しておきましょう。

リンクエラーがあれば、指定したメールアドレスに通知が届きますので、安心ですね。

他の部分は、全てデフォルトで大丈夫です。

設定が終わったら、変更を保存をクリックしましょう。

 

Broken Link Checkerの見方と対策

 

先ほどの、設定画面をご覧いただくと、お分かりかも知れませんが。

ステータスのところに、『2個のリンエラーを発見しました』と表示されています。

これが、リンク切れですね^^:

早速、確認して対処します。

この対処は、手動でやるしかないですが、頑張ってやって行きましょう。

 

設定のリンクエラーをチェック

設定 → リンクエラーをクリックします。

 

 

先ほど、リンクエラーは2個だったのですが、時間が経ってもう一度確認したら、

4つに増えていました。

 

  • URL:エラーが出た記事が表示されています。
  • ステータス:エラー内容が表示されています。
  • リンクテキスト:リンクの内容が表示されています。

 

エラーの対応としては、上記のメニューの中から選ぶ事もできます。

 

またエラー1つづつ、リンク先のURLの変更なのか等確認して、処理していきます。

 

エラー内容

『404』『401』は、記事が見つかりませんという意味なので、

いったんリンク解除を選び、記事内容の文字を修正するなどすれば大丈夫です。

 

『サーバーが見つかりません』というエラーは、リンク先のサーバーの問題か

URLの記載に間違いがある事が多いようです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

自動でリンク切れをチェック続けてくれるプラグイン、とっても便利だと思います。

 

自分で1つ1つ、記事をチェックしていく事は不可能なので、通知だけでもしてもらいましょう。

 

どなたかのお役に立てたら、幸いです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

今なら無料で使える素材集はこちら

ブログに使う素材に困ったら、チェックしてみてくださいね(☆)

 

 

ミントへのお問合せや、ご質問はこちらまで

どんな些細な事でも構いません。

ちょっとした世間話や、主婦目線のグチでも大歓迎。

ミントにメールしてもらえたら、嬉しいです。

ヤギさんの画像を、クリックしてね♪