pickup
WordPressをインストールしたら最初にする事【SSL化】

こんにちは、ミントです。

前回は、WordPressをエックスサーバーにインストールする所まで、すませました。

まず最初だからこそ、やっておきたい設定などありますので、

今回はその説明をしていきたいと思います。

まだの方は、是非お付き合いくださいね。

WordPress側でのSSL化

エックスサーバーで独自ドメインを設定した際に、無料独自SSL化をしました。

SSL化の詳しい内容は、こちらの記事をご覧ください。

 

サーバー側で自動でSSL化させましたが、WordPress側でも設定が必要になります。

こちらも、サクッと済ませてしまいましょう。

 

WordPressの基本設定でやる事

 

①ダッシュボードの設定 → ②基本設定を選択します。

次の画面に移ります。

 

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

 

2か所のアドレスを、【http】 → 【https】に変更します。

 

これだけなんですが、設定が変更されていないとSSL化が出来ません。

かならず、一番下の設定を保存をクリックしてくださいね。

 

自分のサイトを表示させてみて、確認してみましょう。

 

 

 

鍵マークが出ていたら、成功です。

まれに『無効なURLです』と表示される事がありますが、時間をおいて確認してみて下さい。

反映に1時間ほどかかる事があります。

これで、SSL化は終了しました。

 

ドメインの取得と設定の際に、SSL化した場合なら、一度に設定できたのですが、

「まだサーバー側でSSL化してない!」って方も大丈夫。

 

今からでも設定できますので、確認の上やってしまいましょう。

 

エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

 

左下の設定対象ドメインで、希望のドメインを選択し、設定するをクリックします。

 

現在の設定対象ドメインを確認して、ドメインメニューのSSL設定をクリック。

 

 

独自SSL設定の追加 をクリックし、サイト名を選び独自SSL設定を追加する(確定)をクリックします。

 

『独自SSL設定を追加しました』というメニューがでたら、完了です。

*こちらも反映するのに1時間ほどかかりますので、焦らずお待ちくださいね。

 

サーバーでのリダイレクト設定

 

https://〇〇〇でアクセス可能ですが、もし以前のままhttp://〇〇〇でアクセスしても、

正しいアドレスhttps://〇〇〇に飛ばして欲しい!じゃないですか?

そんな時のために、サーバーでリダイレクト設定をしておくといいですよ。

 

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします

 

 

htaccess編集をクリックする。

 

ドメインを選んで、選択するをクリックします。

 

.htaccess編集でファイルの変更をします。

何かあった時に戻せるように、最初の状態をメモ帳などにコピーしておいてください!

 

 

表示されている内容は、それぞれ違うと思いますので、気にしないで下さいね。

 

一番上に、上記の3行をコピー(下の枠内に表示)します。

 

コピー部分をくわしく表示
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
コピーできたら、.htaccessを編集する(確認)→ .htaccessを編集する(確定)をクリックしてください。
以上で常時SSL化は、完了です。
これで、http://https://のどちらでアクセスしても表示されるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

SSL化をしておかないと暗号化されないので、ネット上で送受信されている氏名・住所・パスワード・クレジットカード番号といった

個人情報・重要情報が、悪意のあるユーザーに情報を読み取られ、悪用されたり、ページを改ざんされてしまう恐れがあります。 

 

そして、Googleからの評価も下がる可能性があり、読者からも避けられてしまいます。

 

是非、最初の段階で設定を済ませてしまいましょう。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

ミントへのお問い合わせはこちらまで↓↓

 

今なら無料で使える素材集はこちら

ブログに使う素材に困ったら、チェックしてみてくださいね(☆)